カトウマサタカ

ROB☆STARというバンドでGt&Voをやっております。「カトウマサタカ」としてソロ活動も行ってます。愛称「カティー」は高校時代の先輩が名づけたもの。いまだに使われています。4月3日生まれ。カレーが大好物。週末は馬と戯れるゲーマーです。

【影響を受けたアーティストなど】
Eric Clapton/Char/THE BLUE HEARTS/THE HIGH-LOWS/長渕剛/布袋寅泰/吉田拓郎/山崎まさよし/沢田研二/亀田誠治/森高千里/SION/などなど

ペタしてくれた方のところはたいがいのぞかせて

記事一覧(59)

全てはここから始まった

2018.4.3 下北沢ろくでもない夜カトウマサタカ×タマキング ツーマンライヴ「1978」【セットリスト】1.10分間2.ひとつ星3.ここを出て行くとき4.愛について5.鐘の音6.戦い方はひとつじゃないだろう7.思い通りにいかなくたって8.しあわせの値打ち9.生きる意味10.それだけあればアンコール1.魔法のうた(タマキング×カトウマサタカ)2.ものがたり-----------------ROB☆STARを始めてしばらくしたとある夜、「下北沢屋根裏」というライヴハウスで出会ったのがタマキングという男でした。当時のわたくしと言えば“人と話さない”“打ち上げに出ない”という習性があったため、友人というレベルの人はほとんどいませんでしたし他人の連絡先というものをまず知りませんでした 笑。なぜかタマちゃんだけは連絡先もお互い知っててライヴも行くし出てほしい時は自分が連絡したしできっと誰より”バンドマン”として付き合ってきた間柄でした。自分の転機になった11年前、背中を押してくれたタマちゃん。ライバルと呼ぶにはまだ早いとたしなめたタマちゃん。遠くで勝負してこいと言ってくれたタマちゃん。夜の公園で歌うたいとはなんたるかを飲みながら語ってくれたタマちゃん。この10数年で最も近くにいて最も遠くに行ってしまった、とも思うタマキングと一戦交えるならばやっぱこの場所だよなと。自分なりにいろいろと筋も通して内田さんとこーたがいるろくでもない夜にてOAなしの1対1。おかげでこの日を単なるお祝いにせずぶつかり合えたと思うしやっぱ、この人すげえやってあらためて感じた。全く同じことをやろうというわけではないしむしろ真逆なのかもしれないけどいつかまたこうやって勝負したいしその時には今以上に力つけておきたいなって思った。同い年の友だちってことに甘えるようになったら終わりだ。あなたのおかげで良い40代が送れるような気がするよ。タマキング、ありがとう。ただ、人を噛むのだけはほどほどにしてください 笑

終わりと始まり

2018.4.2 代々木laboカトウマサタカ誕生日前夜祭「1人1曲!30代最後のリクエスト」【セットリスト】1.戦い方はひとつじゃないだろう2.それだけあれば3.アイアムアバンドマン--------------誕生日に絡めてイベントをやりだしてどれぐらい経ったかなぁと思う。さすがに数えてない。6回目ぐらいかな。30代最後だなぁって思った時になんかおもしろいことできないかなぁと思いついたのがこれでした。“リクエスト”毎回こういうイベントだと気心の知れた人とか古い付き合いの人とか呼ぶことが多いんですけども今年は”歌”にオファーをしよう、と。というわけで、年にちなんで39曲と思いましたらば最終的に41曲 笑。でも、リクエストは実は39曲でした。2人ほど、曲はおまかせで来てもらったという言い訳。まぁその辺はさておき、呼び集めた41曲の歌と歌い手たち。あらためて聴いてみて歌の力ってのを本当に思い知ったなぁと思っています。これでVA作りたいもん。お祝いムードに乗じていろんな人に、自分が好きな歌を聴いてほしいなと思った。その狙いはちゃんと果たせたなぁという手応えもありました。願わくばもっと多くの人にその歌たちを聴いてもらえる”場”ってのを作りたい。そのためにはもっと自分が強くならなきゃな。出演していただいた方々もそうですが自分もまだまだ良い歌、歌いますんで今後ともどうぞよろしくお願いします。

音が鳴るから

2018.3.17AcousticCafe おとなりotonari presents「大団円~春の部~」w/ Yuya Takahashi / 梅田淳平 / tegakiLIFE【セットリスト】1.それだけあれば2.ひとつ星3.ここを出ていくとき4.思い通りにいかなくたって5.黄金の旅路6.アイアムアバンドマン--------------慣れない電車で慣れない駅に行く。近いとも遠いとも言い難いところ。「ぜひ紹介したいんですよね」って言ってくれた人がいておとなりに行ったのは年末の頃か。すごく雰囲気も良くぜひやりたいなーと思ってたらさっそくオファーをいただきましたのでふらっと行ってきました。ライヴハウスとはまた違うふんわりした佇まいというか誰かの家で歌っている感じ。そういうところもふまえてやればもっと良いライヴになったかもなぁと終わってからちょっとだけ思った。自分を貫くのも大事なこと。だけれども、歌は生き物。大事にしたいと思うからこそ良く向き合っていかないとなぁ。共演者のみなさんもそれぞれ素敵なライヴでした。店長さんともなんだか不思議な共通点があったりでみなさんとあれこれ話してたらあっという間に終電間際に。美味しそうなごはんは食べ損ねてしまったので次こそ。次のおとなりは5/25(金)。ノリと勢いで即決してきました。そういうの、大事!笑。